前へ
次へ

産業構造の変革時代に果たすハローワークの役割

仕事探しする場合、すべての都道府県でハローワークという名称の行政機関で行っている職業紹介が知られています。
元々、公共職業安定所と呼ばれていて職業紹介以外にも求職者に対する職業訓練を斡旋したり、求職中の収入を得るための雇用保険の手続きを行う際に出向く機関です。
仕事探しだけなら民間にも仕事を斡旋してくれる企業が沢山ありますが、職業紹介以外の役割も担っているので求職者が一度は訪問する機関です。
求職者と一括りにしても新卒者を除くと年齢層や既卒者あるいは、シングルマザー等、求職する時点の属性が一人ずつ異なっています。
そこで、こうした属性等に特化したハローワークも設置されているので、求職者にとって望む仕事にアクセスしやすくなっています。
最近は業種にもよりますがAIやロボットの導入等により産業構造の変化が進みつつあり、就職しても同じ職場で長く働き続けることが難しくなっていて、転職が珍しくなくなりました。

東京 アンケート入力
東京にてイベントや市場調査などで得たアンケートの情報を迅速かつ正確にデータ化します。

トイレつまり 明石市

クレジットカード決済

データ入力代行 東京

求人側が変化の激しい時代を第四次産業革命と呼ぶくらいですから、経営層は事業内容の将来像に新しい方向性を求めています。
しかも、他社に一歩でも先んじようとすれば職場にいる今の人的資源を養成している暇がないと考えているはずです。
こうして、将来の事業構想に人材の不足を感じればその構想に沿うキャリアやスキルを持った人を外部から捜し求めることが当たり前になっています。
社会のこうした動きが日夜激しくなっているため、職業斡旋にはこの行政機関の他に民間企業も積極的に参入して求人側と求職者のマッチングが盛んに行われるようになっているわけです。
しかしながら、求人側の将来構想に沿う人材募集が数多くハローワーク等に出されていても求職者のキャリアやスキルとのミスマッチが大きいようです。
求職者の多くは職場や家庭に何らかの目先的な事情や不満があって転職や求職を考えているはずです。
今後の世の中の変革の時に必要とされる職業まで考えてハローワークへ出向いている人は極めて少数のはずです。
求職者は好調な求人市場とはいえ、求人環境を考えれば目先だけで職業選択しては転職を繰り返してしまうことになりかねないようです。

Page Top